Top >  FX >  FXと確定申告 主婦の場合

FXと確定申告 主婦の場合

最近注目を集めている、FXと税金について紹介したいと思います。


FXというのは外国為替証拠金取引の事を言います。

このFXの取引をしたときに収益を得た場合に
は、個人の場合は、所得税の中でも雑所得という取扱になります。

ですからFXの収入が総合課税の対象になってきます。

ということは、もちろん確定申告しなくてはいけなくなってきますよね。
では、具体的にどのような場合に確定申告が必要なのでしょうか。


それは、FXでの収益の額が20万円以上を超えてしまった場合です。
この場合は納税もしなければいけません。


また、確定申告が必要なのはFXの収入が20万円を超えた場合だけではありません。


FXの収入が20万円を超えていない場合であっても、
その他の収入がある場合は合計した金額が
20万円を超えた場合税金を支払わなければいけません。


これは、FX収入が20万円以内の場合であっても、税金は支払って下さい。


もしも扶養控除や配偶者控除に入っていた人がFXで収入を得て、
20万円以上超えた場合には、その人自身が確定申告が必要です。


それ以外にも、扶養している配偶者の所得計算などで
配偶者控除や扶養控除が適応されなくなることがありますから注意して下さいね。


このようなことからも分かるように、
FX取引を行っている人は税金についても詳しく勉強しなければいけません。


知らなかったでは決して済まされませんから、十分に気を付けて下さい。
もしもあなたが確定申告が必要な場合、きちんと税金を支払いましょう。
FX取引と税金は切っても切れない関係にありますからね。


そのことをよく頭に入れておき、FXを行って下さい。

 <  前の記事 FXの確定申告の方法と義務  |  トップページ  |  次の記事 バーチャルFXから始めてみよう  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30255

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)