Top >  FX >  FX ロスカットの意味を知り破産を防ぐ

FX ロスカットの意味を知り破産を防ぐ

次にロスカットという言葉の意味を解説していきましょう。

ロスカットとは、FXの世界では保証金の金額が下がってしまい、
FX業者が決めた基準値の割合を下回ったときに、
強制的にポジションが全て反対売買により決済されるというものになります。


投資する人の一つの口座状態を調べたときに、
AというFX業者が実質保証金の合計金額が必要な保証金が右傾金額の
25%を下回ったときに、その口座内の投資家のポジションを
自動的に決済するという仕組みになります。


このロスカットのおかげで、予想以上の損失を抑えることができますが、
相場の変動によっては”25%という数値にどどまらず、
想像以上の資産損失が起こることもあります。


FXというのはハイリスク・ハイリターンという取引でもあるわけです。

レバレッジを効かすことで、利益も大きくなりますが、
損失も大きくなるということです。

あくまで可能性の話になりますがね。


こうした損失の被害を拡大させないために、
ロスカットやマージンコールがあるわけです。

fxではロスカットにならないために実質保証金合計額と
必要保証金合計額との関係が悪くならないよう
あらかじめ余裕を持って保証金を預けることが
ロスカットを回避する方法の一つではあります。


fxでロスカットにならないために投資者の持つポジションや預入金額によって変わりますので、
「いくらなら」、ということはないのですが、fx資金の限度額いっぱいまでポジションを持ったりせず、
ロスカット水準が近づいてきたら、素早く対処する、といった対応を行うことが重要となると思います。

こうしたロスカットなどのシステムがあるおかげで、

最悪の状況にならずにすむことが多いですが、

それでも投資金額以上の被害を受けることも当然ながらあります。


FXに限らず投資にはリスクもあれば、リターンもあります。

ロスカットレベルや計算などをしっかりとしておくことが保険にもなるのではないでしょうか。

 <  前の記事 FX マージンコールの基本知識  |  トップページ  |  次の記事 リンク集  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30211

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)