Top >  FX >  FX マージンコールの基本知識

FX マージンコールの基本知識

マージンコールについて解説していきましょう。

fxのマージンコールとは、取引に必要な保証金金額が、
業者が取り決めた割合いを下回った際に、出される警告のことです。


FXの場合はこうした相場が下がることで
証拠金が何%割り込んでいると教えてくれるわけです。

教えてくれるというか、危険ですよ、といった警告ですね。


こうしたマージンコールはFX業者によって判断の基準値が違います。

業者によってバラバラだということですね。


中にはマージンコールを設定していないFX業者もありますからね。

マージンコールが発生した場合には、
翌銀行営業日までに維持率を回復するだけの金額を入金するか、
これ以上損失がでないようにこの場で決済してしまうのかを選ぶのが一般的です。


これ以上大きく証拠金が割り込んでくると、
追加するということもできなくなり、決済をするしかなくなる場合があります。


これを「強制ロスカット」といって、損失が膨らんで証拠金から
マイナスになってしまうことから投資者を守るしくみが出来ています。


このFXのマージンコールや強制ロスカットの判断というものは、
レバレッジの設定とも深く関わってきます。


こうしたリスクを管理してくれるのは
利用者にとっては嬉しい反面、迷惑なときもあるでしょう。

fx投資者の口座に対して、30分おきに時価評価(値洗い)を行なっているようです。

このうち、毎営業日午後3時時点の評価損の合計金額が、
fx投資者が預けられている資産の半分の額を上回っていた場合
(=口座の維持率が50%を下回っている場合)には、
その資産の担保力がいちじるしく低下していると判断し、
fx投資者に対して警告のメールを送信するそうです。


これがマージンコールと呼ばれるものです。


いかがでしたでしょうか?

FXにはこうしたシステムもあることを理解しておきましょう。

言葉の意味やシステムの仕組みがわからなければ、
お金を取り扱っているので大変な問題です。

FX初心者はまずはしっかりと知識を増やしていくようにしましょう。


テクニックを学ぶのはその次です。何事も基礎が大事ですからね。

 <  前の記事 FXの通貨ペアの特徴  |  トップページ  |  次の記事 FX ロスカットの意味を知り破産を防ぐ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30210

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)