Top >  FX >  FXのレバレッジとリスクの解説

FXのレバレッジとリスクの解説

FXではレバレッジという言葉を聞いたこともあると思います。

このレバレッジとは何なのだろか?これから説明していきますね。

一般的にレバレッジとはてこの原理と言われることが多いです。


これは日本語に訳すと「てこ」という意味になることから

FXでは元本に対する投機的取引金額の倍率を
表わす言葉としてレバレッジと呼ばれています。

FXの取引の流れは、まずFX業者に保証金を預けて、
それを元手として何倍もの価値のある通貨を買うという投資になります。

この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)を
FXの世界ではレバレッジと言うわけです。

FXというのは、外貨預金や外貨MMFなどとは違い、
実際の取引金額よりもはるかに低い金額の投資で売買をすることができるのです。

FXと、その他の外貨建て金融商品との大きな違いは、
レバレッジの大小にあると思ってください。


FXでレバレッジが高いというのは、利益や損失が大きくなります。

そこでこのレバレッジを調節していくことがFXの世界では大切だということになります。


外貨金融商品で外貨預金というものがありますが、この取引はレバレッジは1倍なんです。

手数料のコストが気になるのであれば、このような取引を検討するのもよいでしょう。


レバレッジの利いた取引では、大きな金額が動くので、
当然ながら口座の価値は大きく動くことになります。


これはマーケットの大きい、小さいといった問題ではありませんので
注意しておくことが大切です。

FXなどの投資の世界は、このレバレッジのかけ方が非常に大切ですので

よく考えて取引をするようにしていきましょう。


 <  前の記事 FXのスワップをブログで紹介  |  トップページ  |  次の記事 FXの通貨ペアの特徴  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30208

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)