Top >  FX >  FXのスワップをブログで紹介

FXのスワップをブログで紹介

FXを始めるとスワップという言葉を使うようになります。

スワップポイント、スワップ金利などといった言葉も使われていますね。

FXの際に使用されるスワップとは、日本と通貨発行国の金利差のことを
FXの世界ではスワップと呼んでいます。

日本円の金利が、通貨発行国の金利よりも低い時に、
その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されます。


簡単に言ってしまうと金利で稼ぐと思っておいてください。


FXの世界は、日本の通貨(円)を売って他国の外貨を買うことができます。

スワップポイントやスワップ金利というのは、
この売買の際にでる金利のことを指しています。


今の日本の金利というのは非常に低い状態なので、
外国の金利よりも高いことはほとんどありません。

ですのでFXで円を売って、ドルを買うとスワップにより収入が発生するということです。

ただ、逆のパターンになることも想定できます。

円の金利がドルの金利を上回ると、円を売ってドルを買っていた人は
スワップ金利で損をするということになります。


現時点でも、円買い、ドル売りのポジションをもっている方は
スワップを支払う必要があるので注意が必要です。

FXのスワップで注意する点は、
反対売買(決済)をしないと受け取れないということです。

例えばFXでドル/円を持っていて毎日100円のスワップがついたとします。

1年で36,500円のスワップが手に入るわけですが、
実際に口座から出金できるのは、持っているドルを決済したときだからです。


FX業者を選ぶのにスワップを毎日引き出すことができる業者と

決済しないと引き出すことができない業者があるということを知っておいてください。


こうして書いてみると非常にシステム自体は簡単であると思います。

外貨を取引することでスワップが発生する、このような感覚でもいいと思います。


 <  前の記事 FX初心者へ おすすめと注意点  |  トップページ  |  次の記事 FXのレバレッジとリスクの解説  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30207

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)