Top >  FX >  FX初心者へ おすすめと注意点

FX初心者へ おすすめと注意点

FXを始める初心者が、気をつけておかなればいけないことは、
信託保全があるか、ないか?

こうしたことをチェックしておく必要があります。

FXの信託保全がどういったものかというと、預けた資金を保守してくれることです。

簡単にいってしまうと、お金を守ってくれるシステムですね。

FXをするとなると、当然ながら売買をするわけですが、
売買を開始する前に一定の証拠金を担保として預けておきます。

この証拠金は取引に支払うものとは別のものです。
あくまでも預けておくお金です。


ですから、こちらが業者に返還を請求することで、そのお金は戻ってきます。

というかFX業者は返還する義務があるのです。

ちなみに、手数料は引かれますので予め注意しておいてください。

このシステムは、もしFX業者が倒産の憂き目にあったとしても
我々取引をする利用者の資産を保全するためのものです。

顧客の資産の分離保管に関して予め説明書や案内などに
掲載されていないところでのFX外為取引の利用はやめておいたほうがよいでしょう。


つぎにカバー先金融機関の信用性をよくしらべることがFXでは必要です。

カバー先金融機関とは、カバー取引をする相手先になります。

カバー取引とは、業者が顧客との取引をすることで起こる為替変動のリスクを

回避するためにFX業者自身が取引をすることです。

つまり信託保全がしっかりとできていても、カバー先金融機関の信用性がなければ意味がありません。


口座を開く場合、カバー先金融機関の格付けなどもよく調べておきましょう。


FXの特長の一つに比較的小額で取引を開始できることがありますが、
例として10万円程度の証拠金を預託すれば、1万ドルの取引が可能になります。


FX業者を選ぶとき、買値と売値の差があまりないようなFX業者のほうが
安全だという考えかたもあります。

このようにFX業者選び一つにしても、非常に大切なポイントがありますので

十分におさえるべきポイントはチェックしておいてくださいね。


FXを始める初心者へ向けた注意点でした。


 <  前の記事 FXを始めるには②  |  トップページ  |  次の記事 FXのスワップをブログで紹介  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)