Top >  投資信託 >  FXと投信の特徴の違い

FXと投信の特徴の違い

FXと投信について考えてみましょう。FXとは外貨証拠金取引のことで、投信とは投資信託のことですね。最近ではマスコミがこぞってFXのことを取り上げていますからご存知の方も多いことでしょう。


一方投資信託は、証券会社にお金を預けてプロに運営してもらったお金を配当してもらうシステムです。有名なところでは郵便局、今ではゆうちょ銀行といいますがこういったところでも扱っています。投信をゆうちょ銀行が扱っているからといって安心とは限りません。証券会社も同じです。

金融機関によって手数料や扱う内容も違ってきますので比較してみることが大切です。簡単にFXは情報をニュースなどで得易いですが、円を外国の通貨と交換しているわけですから全員が儲かるわけはないのです。

儲かる人がいれば必ず損をする人がいるわけです。みんなが儲かってしまうと成り立たなくなりますよね。FXはブームとなっているので女性にも人気がでてきていますが、手軽に始められる分こうしたことを覚えておきましょうね。

 <  前の記事 FXの確定申告について  |  トップページ  |  次の記事 インド株のこれから  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/10816

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)