Top >  投資信託 >  投資信託を比較する

投資信託を比較する

投資信託は資金の少ない個人投資家でも1万円前後から購入することができ、様々な株式や債権に分散投資ができることから人気が高まっています。しかしたくさんありすぎてどの投資信託を購入すればいいのか分からないといった声もよく耳にします。ここでは投資信託を比較・分類する際のポイントを解説していきたいと思います。 さて、投資信託の比較・分類ですが、まずは投資対象を比較すると、投資信託は大きく分けて公社債投資信託と株式投資信託の二つに分類されます。公社債投資信託は債権のみに投資します。公社債投資信託を比較・分類する際の主なチェックポイントは、組み入れられている債権の残存期間になります。 一方、規約上株式も組み入れ可能である投資信託は株式投資信託に分類されます。世界中の公社債に分散投資している投資信託でも規約上は株式の組み入れが可能であるため株式投資信託に分類されます。株式投資信託は投資する国や地域、株式と公社債の組み入れ比率などを比較することにより商品性を比較することができます。 投資信託をするにあたっては、他にも比較しておくべき事柄はたくさんあります。収益性やコストも問題も考えておかなければいけません。最近では片手間の副業としてこれらの投資をおこなっている人が増えているようですが、お金を扱うのですからあくまでもビジネスライクに物事を考えておかないと成功するのは難しいでしょう。逆に失敗する人はこの部分を良く考えていないからです。

 <  前の記事 投資信託と株式  |  トップページ  |  次の記事 投資信託の注意点  >