Top >  投資の勧め >  福井日銀総裁が投資を推奨

福井日銀総裁が投資を推奨

福井日銀総裁が積極的な投資を推奨しています。日銀の福井総裁は2月25日、東京都内で開催された「イエコノミー・シンポジウム」で「家計の生活経営が切り開く日本の新時代」と題して講演し、個人も積極低にリスクをとり資産運用をする必要があるとしています。

福井日銀総裁による「投資の勧め」では、日本の家計の金融資産の合計約1500兆円のうち株式などに投資されているのはたった15%に過ぎず、家計はもっとリスクをとってもよいとされています。家計資産がより多く株式投資にまわることにより経済を活性化させる潜在的な力をもっているとの考えです。

確かに、福井日銀総裁の言うように日本の家計資産はもともと貯金の割合が多く、最近になってようやく株式や投資信託等に少しずつ投資されるようになってきたところです。退職金、年金、医療費、少子高齢化など、将来への不安は増大する一方ですから、自分の老後資金は自分で運用しようという風潮になっています。

しかしながら、投資にはリスクがつきものであり、損をする可能性もあります。福井日銀総裁が投資を勧めたからといって、損をした場合に穴埋めをしてくれるわけではありません。投資先の選別は慎重に行い、貯金と投資をバランスよく組み入れて賢く資産運用していきたいものです。

福井日銀総裁が投資を勧めることで投資をする人が多少は増えるのではないでしょうか。タンス貯金といわれる家庭の貯金を上手く運用して資産を増やしている人も最近でも増えてきました。しかし上手くいく人もいれば失敗する人もいるわけです。しっかりとした知識も必要なってきますので投資されるのであれば勉強することも視野に入れておかないといけません。

 <  前の記事 株と税金の収め方  |  トップページ  |  次の記事 福井日銀総裁の公演内容  >