Top >  株と税金 >  株と税金について

株と税金について

と税金の問題は、株をやる人には重要な問題です。売却益を得た場合には「株式譲渡益課税」という税金がかかります。現在の税率は10%です。また株の税金には、株券を保有して配当金を得た場合にかかる「配当課税」があります。こちらも現在の税率は10%です。税金の納め方をご存知ですか?

税金の納め方には、1.特定口座(源泉徴収ありのもの) 2.特定口座(源泉徴収なしのもの) 3.一般口座の3つのパターンがあります。この3つのパターンには、税金申告の仕方が異なり、それによる利点も異なってきます。十分に理解することは大切ですので、以下に具体的にみてみましょう。

特定口座(源泉徴収あり)は、譲渡損益を証券会社が計算し、所得税・住民税を全て納税者に代って源泉徴収し納税してくれるため、確定申告にいく必要がありません。一般口座は、「年間取引報告書」、「確定申告」の両方とも自分でやらなければならず、取引報告書等の書類をもとに納税者自らが所得計算を行い、確定申告により納税します。いずれにしても、利点などを十分に理解しましょう。

特定口座(源泉徴収あり)には、確定申告の必要がないといったメリットがあります。特定口座(源泉徴収なし)にも、一般口座および他の証券会社の口座との損益通算ができるといったメリットもあります。また、一般口座にも、みなし取得価格の特例が利用できるといったメリットもあります。

株を始める人は、とにかく税金のことを後回しにしがちです。これも株をやっていると思ってしっかりと把握しておかなければなりません。専門用語など慣れない方には抵抗があるかもしれませんが我慢して調べておきましょう。そうすることであなたにも知識が付いてきますし、その知識は財産となりますからね。

 <  前の記事 ベトナム株を詳しく知る  |  トップページ  |  次の記事 株と税金の扱い方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)