Top >  マザーズ指数 >  東証マザーズ市場の誕生から

東証マザーズ市場の誕生から

マザーズ市場にも2003年9月からマザーズ指数が導入されました。マザーズ指数はマザーズに上場するすべての株式を対象とした時価総額加重型の株価指数であり、マザーズ指数の導入によりマザーズ市場全体の時価総額や値動きが把握しやすくなりました。 東証マザーズ市場は、大証(大阪証券取引所)のヘラクレス市場に対抗して1999年に設立された新興企業向けの株式市場であり、高い成長可能性を有していると認められる新興企業を上場対象としています。マザーズ市場は次世代を担う成長可能性の高い新興企業に対し、直接金融による早期の資金調達の場を提供しています。 マザーズ指数の計算式は「指数=算出時の時価総額÷基準時の時価総額x基準値」です。マザーズ指数の場合、基準時は2003年9月12日、基準値は1000です。マザーズ指数は東証により計算されリアルタイムで15秒ごとに全国の証券会社や報道機関に配信されています。 マザーズ指数は2001年3月30日ごろからのデータを元にしているようで、対規模なデータが集まっていると考えられます。さらに月日が経つごとに情報が増えていくと思われるのでますます活用できることでしょう。最近では投資に興味を持ち始める人が多いようなのでさらにマザーズ指数を気にする人も増えるのではないかと思います。

 <  前の記事 マザーズ指数の活用法  |  トップページ  |  次の記事 投資信託と株式  >