Top >  マザーズ指数 >  マザーズ指数の活用法

マザーズ指数の活用法

マザーズ指数とは、2003年9月より導入された東証マザーズ市場全体の値動きを表す株価指数です。マザーズ指数は東証株価指数(TOPIX)等と同様に時価総額加重型の株価指数であり、資産としての株式の価値の変動を示す指数です。 東証マザーズ市場は1999年に設立され、次世代を担う優れた技術やノウハウをもつ新興企業に対し株式公開による早期の資金提供を可能とし、新興企業が飛躍できる場を提供しています。東証マザーズ市場の上場基準は東証一部や二部と比較して緩く、上場プロセスも短縮・簡略化されています。 マザーズ指数の計算方法ですが、マザーズ市場に上場されている各銘柄ごとの株価と株数(浮動株基準)を掛け合わせた時価総額を合計し、基準日である2003年9月12日の時価総額で割って、基準値である1000を掛けます。したがって東証マザーズ指数は2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額合計を1000としたときの時価総額の指標となります。 マザーズ指数のような数値を表すものがこれから増えてくるとおもしろいと思います。新しい市場の登場ですね。もちろんそんなにポンポンとできるものではないですが、個人投資家や元気な企業が増えてくるとありえないことではないと思っています。特にこれからの企業はマザースに上場を目標としているところも多いはずなので先が楽しみです。

 <  前の記事 マザーズ指数とは何か  |  トップページ  |  次の記事 東証マザーズ市場の誕生から  >