Top >  マザーズ指数 >  マザーズ指数とは何か

マザーズ指数とは何か

マザーズ市場の成長とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標が求められるようになり、2003年9月よりマザーズ市場にマザーズ指数が導入されました。マザーズ指数は時価総額加重型の指数であり、東証株価指数(TOPIX)などと同様に年金やファンドなどの資産運用のベンチマークとして利用するのに便利です。 東証マザーズ市場とはどのような市場なのでしょうか。東証マザーズ市場は1999年に設立された新興市場であり、大証ヘラクレス市場などと同様に、優れた技術やノウハウを有する新興企業に対し、早期の株式公開により迅速な資金提供の場を提供しています。 マザーズ指数はどのようにして計算されるのでしょうか。マザーズ指数はTOPIXと同様に時価総額加重型ですから、マザーズ市場の時価総額をある一定時点の時価総額で割って算出します。マザーズ指数の場合、2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額を1000として計算します。 ニュースなどでマザーズ指数と聞いても意味がわからなかった人もいるでしょう。しかしこの記事を読むことで多少は理解できたのではないかと思います。現在は下降トレンドが続いていますね。これかライブドアの事件がきっかけになったといわれています。あの事件で被害を受けた投資家がたくさんいるようですね。

 <  前の記事 郵便局の投資信託の種類  |  トップページ  |  次の記事 マザーズ指数の活用法  >