Top >  投資信託 >  郵便局の投資信託の種類

郵便局の投資信託の種類

投資信託といえばみなさんはどこで購入されますか。証券会社や銀行でしょうか。実は郵便局でも投資信託を買うことができるんです。2005年から郵便局の窓口で投資信託の取り扱いが開始されました。投資信託の取り扱いは現時点では一部の郵便局に限られていますが、郵政公社は今後投資信託を取り扱う郵便局を増やしていく予定です。

さて、郵便局ではどのような投資信託を購入できるのでしょうか。郵便局には投資経験の少ないお客さんが多く、「安全・確実」志向が強いことから、投資初心者にもリスクが容易に認識でき投資成果のわかりやすい投資信託を公募により選考した上で販売しています。

郵便局の投資信託の品揃えは、最初はまずグローバルバランスファンド、日経225インデックスファンド、TOPIXインデックスファンドの3種類から始まりましたが、2006年には海外株式ファンド、海外債権ファンド、世界REITファンド、国内株式SRIファンドが追加されています。郵便局で購入することができる投資信託は、分散投資、長期投資効果の高い基本的な資産を網羅したこれら7種類の投資信託ですが、より多様化するニーズに応えるため2006年末に3回目の公募があり、国内好配当株式ファンドやターゲットイヤーファンドが2007年6月から発売される見込みです。

郵便局の投資信託で新たに公募で先行される種類が増えていくことでますます注目も高まっていくことだと思われます。現在ではインターネットで基準や価格の一覧などの情報も溢れています。上手に活用できるようにとセミナーも各地で開催されていますね。これらを上手く使ってさらに知識を向上させていくのも一つだと思います。

 <  前の記事 郵便局の投資信託の今後  |  トップページ  |  次の記事 マザーズ指数とは何か  >