Top >  投資信託 >  郵便局の投資信託とは

郵便局の投資信託とは

近年投資信託を購入している人が増えていますが、郵便局でも投資信託や国債を買うことができるのをご存知でしょうか。政府の規制緩和・金融改革により、郵便局における投資信託の販売は2005年から解禁されています。郵便局は全国に広がるネットワークを生かした国内最大の投資信託販売機関となります。

ところが郵便局のお客さんには貯金しかしたことがない個人が多いために、実は郵便局では投資信託の販売にあたり取り扱う投資信託を公募により選別しています。選考基準としては、初めて投資信託を買う人にもリスクがわかりやすいこと、分散投資・長期資産形成が可能であることなどが挙げられます。

まず最初の投資信託販売開始時には、基本的にパッシブ運用を中心としたグローバルバランスファンド、日経225インデックスファンド、TOPIXインデックスファンドが公募されました。その後、海外債権ファンド(定期分配型)、海外株式ファンド、世界REITファンド(定期分配型)、国内株式SRIファンドが公募により選考され、販売されています。

ただ今郵便局で販売されているこれらの投資信託は数こそ少ないものの、分散投資効果の高い基本的な投資信託ばかりです。また、2006年12月より新たな投資信託の公募選考が行われており、2007年からは国内好配当株式ファンドとターゲットイヤーファンドの2種類の投資信託が追加される予定です。

郵便局の投資信託の商品を理解すれば、あとはメリットなどの面を調べていくと良いでしょう。いろんなメリットがあると思いますしデメリットもあると思いますからね。そこで自分には何が合っているかを選んでみてもよいでしょう。とにかく何もわからない人は調査、これをすることから始めるべきですからね。

 <  前の記事 福井日銀総裁の考え  |  トップページ  |  次の記事 郵便局の投資信託の今後  >