Top >  投資の勧め >  福井日銀総裁の考え

福井日銀総裁の考え

福井日銀総裁が投資を勧めています。日銀の福井俊彦総裁は2月25日、都内で開催された日本経済新聞社主催の「イエコノミー・シンポジウム」において「家計の生活経営が切り開く日本の新時代」というテーマで講演し、その中で家計もリスクをとり積極的な資産運用をする必要があると述べています。

福井日銀総裁は講演の中で、日本の家計には合計1500兆円の金融資産があるものの、そのうちの15%しか株式投資にまわっておらず、もっと多くの金融資産が株式投資にまわれば日本経済を活性化する起爆剤になる可能性が大いにあると述べています。確かに、福井日銀総裁が指摘するように日本の家計が抱える金融資産の大半は貯金であり、最近になってようやく、リストラ、年金カット、医療費高騰、少子高齢化などの将来への不安から、株式や投資信託による資産運用が注目され始めているところです。

ですが、福井日銀総裁や政府が投資を勧めるからと言って、安易に投資に走るのは控えたほうがよいでしょう。株式投資には損をするリスクがあります。あなたが損をしても日銀や政府は責任を取ってはくれません。あくまでも自己責任で慎重な資産運用を心がけましょう。

貯金より投資にお金を使うという福井日銀総裁の考えには賛成です。しかし上手く資産を増やすには経験と知識などが要求されるので興味がある人は、まずは少額からコツを掴むために始めてみてみてはいかがでしょうか。素人がいきなり上手くいく可能性は高くはありませんからね。まずは少しの金額からです。

 <  前の記事 福井日銀総裁の公演内容  |  トップページ  |  次の記事 郵便局の投資信託とは  >