Top >  投資の勧め >  福井日銀総裁の公演内容

福井日銀総裁の公演内容

福井日銀総裁は2月25日、都内のシンポジウムで「家計の生活経営が切り開く日本の新時代」と題して講演し、個人もある程度のリスクをとり株式投資をしてはいいのではないかと提案しています。この講演は「投資の勧め」として話題になっています。

福井日銀総裁による「投資の勧め」では、日本の家計の金融資産の合計約1500兆円のうち株式などに投資されているのはたった15%に過ぎず、家計はもっとリスクをとってもよいとされています。家計資産がより多く株式投資にまわることにより経済を活性化させる潜在的な力をもっているとの考えです。

確かに、福井日銀総裁の言うように日本の家計資産はもともと貯金の割合が多く、最近になってようやく株式や投資信託等に少しずつ投資されるようになってきたところです。退職金、年金、医療費、少子高齢化など、将来への不安は増大する一方ですから、自分の老後資金は自分で運用しようという風潮になっています。

ですが、福井日銀総裁や政府が投資を勧めるからと言って、安易に投資に走るのは控えたほうがよいでしょう。株式投資には損をするリスクがあります。あなたが損をしても日銀や政府は責任を取ってはくれません。あくまでも自己責任で慎重な資産運用を心がけましょう。

株や投資信託といっても多くの種類がありますし、個人が使える資産状況もバラバラです。良いといわれているだけで手を出してみるのではなく、自分の資産状況に合った投資を考えていきましょう。福井日銀総裁が勧めたからといっても別に貯金を続けていても何も問題はありません。自分の意思で運用していきましょうね。

 <  前の記事 福井日銀総裁が投資を推奨  |  トップページ  |  次の記事 福井日銀総裁の考え  >