Top >  外国株 >  ベトナム株について

ベトナム株について

ベトナム株への投資の魅力は、市場経済(資本主義)の後進性と国家の将来性にあります。ベトナムは社会主義ですが、ドイモイと呼ばれる政策を行い、経済では市場経済を取り入れました。未成熟だった市場経済や社会基盤が、ここ20年程度で急速に整ってきたわけです。

現在、日本の証券会社ではベトナム株式に投資できませんが、現地証券会社の口座を開設すればベトナムの個別銘柄の購入は可能です。そして、ベトナム株に投資するために口座開設するには旅費や滞在費以外に、銀行で口座を作るために、USD2000程度のお金が必要です。

日本人が口座開設しているベトナム株の証券会社にSSI証券http://web2.ssi.com.vn/global/defaultvn.asp があります。口座管理料が USD15/月(年間USD180)必要。 日本語取次ぎサービス料は無料です。日本からの口座開設にはサポートはないですが開設資料セットがあり、各自で日本で手続きをベトナム大使館に行き可能です。また有料ですべてやってくれる業者もあります。ベトナムでの口座開設では口座開設費無料、日本大使館での証明書の申請料金は各自負担。(口座開設まで7-10日程必 要)

ベトナム株の紹介です。ソンダ工業団地・都市投資開発株式会社(SJS) http://www.sudicosd.com.vn/ 株価 381000VND (2007/02/15)資本金 50,000,000,000VND 上場株式数 5,000,000株 株式額面 10,000VND 上場取引所 ホーチミン証券取引 活動概要 住宅・都市地域・工業団地の建設・運営プロジェクトのコンサルティング・投資・計画立案・実施。住宅・都市地域・工業団地に関するサービスの開発・経営。民間及び工業施設の設計コンサルティング・施工。都市地域・工業団地の詳細計画・設計コンサルティング。建設資材・インテリア設備の製造・販売。不動産業。ホテル・レストラン経営。機械設備の輸出入です。

これらのベトナム株は一部のものです。まだまだたくさんありますので、いろいろと探してみると良いと思います。なにかと話題になっていますので関連書籍もたくさんでています。長い目で動向を探っていくのも必要でしょう。先を見る目を養っておきましょう。時代の流れをみることも必要ですからね。同じようなものにインド株もこれからだといわれています。このようなこれから伸びてくるであろうものをいかに操っていくかもあたなたの頭脳が試されているのかもしれませんね。

 <  前の記事 FXの税金課税は  |  トップページ  |  次の記事 ベトナム株のこれから  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/39

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)