Top >  投資信託 >  郵便局の投資信託の利用にあたって

郵便局の投資信託の利用にあたって

ゼロ金利解除、景気回復と経済事情が回復してきているものの、預貯金の利息はまだまだ低いものです。預貯金も広い意味ではお金の運用になりますが、やはり、投資することにより、利益を得ることによる運用とはそのリターンはかなりちがってきます。投資の初心者が始めるのに最適なのが投資信託です。リスクも低く、専門的な知識も少なくてすみます。そんな投資信託ですが、2005年10月から郵便局でも発売され、現在、多くの人が投資信託により、お金を運用しています。次に郵便局で取り扱っている投資信託について、個別のその特徴を説明します。

日興五大陸債券ファンド(毎月分配型):海外債券に投資します。信託財産の着実な成長を目的として、世界の債券市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型):不動産に投資します。S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス(円換算・ヘッジなし)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行います。野村世界6資産分散投信・安定コース:国内債券中心に投資します。信託財産の着実な成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・分配コース:外国債券中心に投資します。インカムゲイン(利子配当収益)の獲得と信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・成長コース:株式中心に投資します。信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。

GS日本株式インデックスプラス:国内株式中心に投資します。信託財産の長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。住信日本株式SRIファンド「住信SRIマザーファンド」の受益証券を通じて国内の株式に投資を行い、中長期的にベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を上回る投資成果を目指します。大和ストックインデックス225ファンド:国内の株式市場の動きと長期的な成長をとらえることを目標に、日経平均株価に連動する運用を目指します。日興五大陸株式ファンド:信託財産の着実な成長を目的として、世界の株式市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。

郵便局の投資信託だからといって、リスクが全くない分けではありません。やはり、リスクを低く抑えることが必要です。投資信託は、個々の株式や債券に投資することにくらべて複数の株式や債券に投資することができ、リスクを低く抑えることができます。さらに、複数の投資信託に投資することができれば、さらに広い範囲に投資することが可能です。ということは、さらにリスクを抑えることができます。

投資信託にリスクがあると理解したうえでするのであれば、リスクを低く抑える努力をしたうえでする分には投資をしたことがない人にとってもお手頃なんではないでしょうか。このようにリスクを少しでも分散するためには、投資信託に対する知識を吸収していく必要があるわけです。お金を扱うわけですから、この部分はどんなに注意してもしすぎることはありません。

 <  前の記事 郵便局の投資信託のメリット  |  トップページ  |  次の記事 FXと確定申告について  >