Top >  投資信託 >  郵便局の投資信託のメリット

郵便局の投資信託のメリット

投資信託は、比較的リスクが低く、専門知識も少なくてすむことから、投資初心者にはじめやすい商品となっています。その投資信託が身近な金融機関である郵便局でも購入することができるのをご存知ですか?しかも、郵便局でそろえてあるファンドは、投資先が分散されていて、リスクを避けるには最適な品揃えとなっています。郵便局で取り扱っているファンドをご紹介します。

大和ストックインデックス225ファンド:国内の株式市場の動きと長期的な成長をとらえることを目標に、日経平均株価に連動する運用を目指します。日興五大陸株式ファンド:信託財産の着実な成長を目的として、世界の株式市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。GS日本株式インデックスプラス:国内株式中心に投資します。信託財産の長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。住信日本株式SRIファンド「住信SRIマザーファンド」の受益証券を通じて国内の株式に投資を行い、中長期的にベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を上回る投資成果を目指します。

野村世界6資産分散投信・安定コース:国内債券中心に投資します。信託財産の着実な成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・分配コース:外国債券中心に投資します。インカムゲイン(利子配当収益)の獲得と信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・成長コース:株式中心に投資します。信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。日興五大陸債券ファンド(毎月分配型):海外債券に投資します。信託財産の着実な成長を目的として、世界の債券市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型):不動産に投資します。S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス(円換算・ヘッジなし)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行います。

投資信託は、預貯金と違い、元本は保証されません。郵便局で扱っているから安心となにも考えずに商品を選ぶことは、避けたいものです。投資信託は、基本的には既に分散投資されていますが、さらにリスクを抑えるのなら、そのファンドの投資先が異なるものを選び、できるだけ、元本割れのリスクを避けるなどの工夫が必要です。

お金を扱うということで安心してほったらかしにしないのは当たり前のことですが、これから投資信託がどうなっていくのかなど、先を見据えて運用していくことまでできれば尚良いと思われます。何事も戦略を持って動く人というのはリスク管理もしっかりとしていますからね。何か問題が起こってから動くのではなく問題が動く前から手を打っておくことが重要といえますね。

 <  前の記事 郵便局の投資信託について  |  トップページ  |  次の記事 郵便局の投資信託の利用にあたって  >