Top >  投資信託 >  郵便局の投資信託について

郵便局の投資信託について

今、郵便局の投資信託が人気です。ゼロ金利解除で金利があがっている、景気が回復しているとは言うものの、預貯金の利息はまだまだ、低いものです。そんな時に、やはりお金を運用したいと考えるもの。お金の運用で比較的リスクが低いものが投資信託です。投資信託は、その投資先により商品が分かれています。投資先は、国内、海外の株式、債券、不動産にわかれていますが、その投資先により、特徴が分かれます。次に郵便局で取り扱っている投資信託について、説明します。

大和ストックインデックス225ファンド:国内の株式市場の動きと長期的な成長をとらえることを目標に、日経平均株価に連動する運用を目指します。日興五大陸株式ファンド:信託財産の着実な成長を目的として、世界の株式市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。GS日本株式インデックスプラス:国内株式中心に投資します。信託財産の長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。住信日本株式SRIファンド「住信SRIマザーファンド」の受益証券を通じて国内の株式に投資を行い、中長期的にベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を上回る投資成果を目指します。

野村世界6資産分散投信・分配コース:外国債券中心に投資します。インカムゲイン(利子配当収益)の獲得と信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・安定コース:国内債券中心に投資します。信託財産の着実な成長を目的に運用を行うことを基本とします。野村世界6資産分散投信・成長コース:株式中心に投資します。信託財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。日興五大陸債券ファンド(毎月分配型):海外債券に投資します。信託財産の着実な成長を目的として、世界の債券市場全体の値動きをとらえるよう運用を行います。DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型):不動産に投資します。S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス(円換算・ヘッジなし)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行います。

投資信託は、リスクが低いとはいうものの、やはり、自身でリスク管理をする必要があります。買った投資信託の最新情報は郵便局や運用会社のHPで調べることもできますし、日本経済新聞の株式欄などで調べることもできます。購入するだけでなく、その後の最新情報をチェックすることもお金の運用には必要です。

リスクを抑えるということに関しては、情報を集めることに集中するべきです。今は情報化時代ということもあって様々な情報を手に入れやすくなっています。インターネットという便利なものがありますから、ネットを上手く活用していくとこで投資信託の十分な情報を得ることができます。もしくはすでに多くの知識を持っている知人、友人などを探して教えてもらうのもいいかと思いますね。

 <  前の記事 FX関係のサービス  |  トップページ  |  次の記事 郵便局の投資信託のメリット  >