Top >  FX >  FXにも確定申告が必要

FXにも確定申告が必要

FXとは外国為替保証金取引のこと。普通の株投資と同じように証券会社で扱っています。軍資金が少なくても運用できるとあって、多くの個人投資家に愛用されています。個人投資家でも年度末にはFX確定申告の必要があります。取引手数料も安く、方法は難しいものではありません。

確定申告というと年収が多い人か自営業の人を思い浮かべますが、FX外国為替証拠金取引でも利益が出たらそれに対する税金を支払うためFX確定申告を行なわなければいけません。その際、経理用ソフト、確定申告用ソフトなどが強い味方となってくれます。利用しない手はありません。

為替利益から経費を差し引いた額がFX確定申告するべき為替利益となります。この額が20万円を超える場合にのみ確定申告の必要があります。この経費には、インターネット接続代の他、外国為替セミナー受講料、新聞代なども含まれるようです。領収書はきちんとためておきましょう。

FX確定申告で使用した書類および領収書の類は5年間保存するよう義務付けられています。滅多なことはありませんが、いつ税務署から連絡があるとも限りませんので大切に保管しておきましょう。外国為替証拠金取引で楽しむためにも、きちんと確定申告に出かけましょう。

FX確定申告だけでなく、税金の申告というのは非常に大切なことなのです。よく脱税などと新聞やニュースなどで見ることもあると思いますが、意図的に行っている場合が多いのかもしれません。もちろんこれは違法な行為です。税務署はきっちりとチェックしていますから申告漏れはないようにしておきましょう。

 <  前の記事 FXと確定申告の方法  |  トップページ  |  次の記事 FXと税金の関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)