Top >  FX >  FXの税金課税は

FXの税金課税は

外国為替証拠金取引(FX)は、今人気で、儲かることばかりがクローズアップされていますが、儲かった利益については、他の金融商品と同じように税金が取られます。外国為替証拠金取引(FX)の利益は為替差益やスワップ金利によって得た利益が税金の対象になります。では、どのようにすればいいのでしょうか。

ここで、どこで取引したか確認しましょう。くりっく365ですか。それ以外ですか。それにより税率が変わってきます。外国為替証拠金取引(FX)で得た利益は、雑所得にあたりますが、くりっく365の場合は、申告分離課税で、利益の20%を支払わなければなりません。くりっく365でない場合は、総合課税で税率が15%から50%の範囲でかかります。

税率以外にも、それぞれ特徴があります。申告分離課税の場合は、一律20%税金が取られますが、3年間の範囲内で損失の繰越が合算できますし、他の商品とも通算可能です。総合課税の場合は、損失や他の商品と通算はできませんが、1年間の利益が20万円に満たない場合は、申告する義務はありません。但し給与所得者で2000万円以上の年収がある人は例外です。

税金については、必ず確定申告しましょう。わからない場合は、取扱い業者やウェブから情報を集めたり、国税局のホームページ等を参照することをお勧めします。自分の投資スタイルに合わせて、商品を選択し、税金対策もしっかりしましょう。

ここまで情報が溢れているのですから、簡単に税金のことを調べることはできますからね。FXで利益が出たら自分はいくら払わないといけないのかを調べて収めておきましょうね。確定申告の時期は非常に混雑しますので少し早い時期に行っておくのが懸命かと思います。人があまりいなければ担当の職員さんにも気軽に質問もしやすいでしょう。

 <  前の記事 FXと税金の仕組み  |  トップページ  |  次の記事 ベトナム株について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)