Top >  FX >  FXと税金の仕組み

FXと税金の仕組み

外国為替証拠金取引(FX)で利益を上げていますか。しかしながら、実際手元に入る利益は、税金や手数料を引いた利益が本当の利益になります。利益は2国間の為替の差によって上げられる利益や低い金利の通貨から高い金利の通貨の差によって得られます。ここから税が引かれます。では次に税について見ていきましょう。

ここで、どこで取引したか確認しましょう。くりっく365ですか。それ以外ですか。それにより税率が変わってきます。外国為替証拠金取引(FX)で得た利益は、雑所得にあたりますが、くりっく365の場合は、申告分離課税で、利益の20%を支払わなければなりません。くりっく365でない場合は、総合課税で税率が15%から50%の範囲でかかります。

くりっく365は、それ以外にも特徴があります。一律で20%と税金を取られますが複数年(3年以内)にまたがって損失の繰越や先物などの商品と通算して損益を合算できます。くりっく365以外の総合課税がかかる商品は、給与所得者で2000万円以下で、かつ20万円までの利益であれば申告しなくていいです。控除されます。

また、それ以外に注意することは利益の確定です。スワップ金利は毎日利益が出ますが、取扱い業者によって、毎日利益とみなす場合と、その都度繰り越して、売ったときに利益としてみなす場合とありますので、これにより、利益が異なってきますので、自分の戦略によって取扱い業者を選ぶことも大切になります。

あまり税金のことに関して詳しくない人には非常に面倒なことですが、FXで得たお金でもきちんと申告は必要となってきます。それぞれの仕事や環境によって収める方法や金額も変わってきますので、きちんと調べておきましょう。利益が大きくよくわからないのであれば、税理士さんにお願いするのも一つの手でしょう。

 <  前の記事 FXと税金の関係  |  トップページ  |  次の記事 FXの税金課税は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/37

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)