Top >  FX >  FXと税金の関係

FXと税金の関係

外国為替証拠金取引(FX)には税金がかかることはご存知ですね。式と同じように外国為替証拠金取引(FX)で得た利益について税金を払わなければなりません。利益とは、為替差益で得た利益とスワップ金利です。ここから手数料を引いた金額が利益に相当します。具体的に見ていきましょう。

まず、外国為替証拠金取引(FX)でどの商品を持っていますか。ここが重要です。商品は、くりっく365とそれ以外に大別されます。これらの商品によって、税区分や税率等が違ってきます。利益は雑所得になりますが、くりっく365は、申告分離課税として一律20%、それ以外は、総合課税で税率は0%~50%になります。

給与所得者、個人事業主、専業主婦、等、それぞれの立場がありますが、総合課税の場合、20万円の控除があります。但し、給与所得者で、所得が2000万円以下で、かつ20万円まで利益が出ていない場合は、確定申告する必要はありません。専業主婦では、配偶者控除を受ければ雑所得合算で38万円までいかなければかかりません。

今後、外国為替証拠金取引(FX)は、取引が増加していくでしょう。が取扱い業者の勧誘等の問題も常時発生しています。税金についての説明もろくにせず、儲かることばかり前面に出している業者は自分で見極める必要があります。利益がでたらかならず税金を支払うことだけは必ず守りましょう。

特に若い人で株やFXをする人が増えてきています。これらの人で利益がでてもわからないと思い、申告しない人もいるのですね。税金はきちんと収めておくべきです。税務署はきちんと見ていますよ。わからないと思ってほおっておくと後でその何倍ものお金を請求されることにもなりかねませんからね。きちんとしておきましょうね。

 <  前の記事 FXにも確定申告が必要  |  トップページ  |  次の記事 FXと税金の仕組み  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/36

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)