Top >  FX >  FXとは

FXとは

FX(外国為替証拠金取引)は、いったいどうすればできるのでしょうか?FX(外国為替証拠金取引)を行なうには、FX業者と契約をして、そのFX業者に口座を開設する必要があります。つまりFX業者と契約することで、FX業者があなたに代わって外国為替市場で通貨の売買をしてくれます。

FX=外国為替証拠金取引を始める際に、どのようなFX専門業者があるか調べましょう。一般投資家がFX商品に売買できるようになって、まだ、10年ぐらいです。短期間に急速に広がってきたので、中には問題のあるFX専門業者もあります。現在、FX=外国為替証拠金取引を取り扱っているFX専門業者は、数百社とあります。その中から、自分が求めるサービスをしてくれるFX専門業者を選びましょう。どのFX専門業者でも同じようにみえますが、同じではありません。

次に、外国為替証拠金取引(FX)を始めるのに、どんなサービスをFX業者に求めますか。必要とするサービスは人によって違うはずです。売買手数料がもっとも安いFX業者。通貨を多く扱っているFX業者。取引単位が低い価格で始められる。レバレッジの幅が豊富。インターネット上での報量が多いFX業者。サービスが、とても充実している。短期売買で、中長期売買で利益を上げたい等々、それぞれ投資スタイルも違います。求める投資スタイルによって、FX業者に求めるサービスが違います。しかしながら、外国為替証拠金取引(FX)は、法律の整備も、できたところで、優良なFX業者も多数存在しますが、中には、問題のあるFX業者があります。ここらあたりの見極めは、自分がFX業者に、どのようなサービスを求めているのかが重要です。

優良なFX業者を見極めるポイントとは何でしょうか?外国為替証拠金取引(FX)のFX業者を選ぶ際は、外国為替証拠金取引(FX)の以下の点に注意して下さい。金融先物業者として登録していること。会社の業務内容や業績の安定度はどうか。改正取引法の遵守をしているか。個人情報の守秘義務は。財産保護の対応してくれるか。外国為替証拠金取引(FX)では、顧客の資産をFX業者の資産と分離して管理し、信託銀行に顧客の資産を信託しているところをみつけて下さい。外国為替証拠金取引(FX)の売買も含み、信託法により、債権者からの差し押さえから保護されます。また、外国為替証拠金取引(FX)のリスクについて説明してくれているか。うまい話しだけを説明しているFX業者は注意が必要です。これらの点に注意をし、自分の求めているサービスを提供してくれるFX業者を選びましょう。

こういった内容を把握しておけば自分に合ったFX取引業者も見つかることでしょう。しかし取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるものもあるため、十分な知識を身につけておくことが必須であるといえます。いくら親切な登録業者が素晴らしいサービスをしてくれても、それはあなたの知識があって始めて役に立つものだと思っておいたほうがよいでしょう。お金を扱うのですから知識や経験といったものを馬鹿にしてはいけません。

トップページ  |  次の記事 FXを始めるには  >